施術の流れ

  • HOME »
  • 施術の流れ

施術の流れ

整体ゆる丸の施術の流れをご紹介いたします。

問診表の記入
初めてのご利用の方は、当院へご来院をお願いしております。まず問診表にご記入いただき、
お客様のお悩みや症状をお話を聞きいたします。(10分~15分程度)
検査
そして、実際に体をチェックして、どこが痛みの原因となっているかを検査いたします。
施術開始
うつぶせになった状態で施術開始です。
(胸当て、顔当て等を使って、深呼吸できリラックスした状態になって頂きます)

おもに、慢性疲労・神経痛の箇所をチェックいたします。
必要に応じて、体のバランスをチェックいたします。
お客様と共に症状を確認し、症状の改善の為の施術を行っていきます。

ふくらはぎから、太もも、腰、背中、肩へと徐々に、施術箇所が移動していきます。
全体をゆるめながら、からだの状態を理解・把握していきます。
ここから先は、その方の状態・コースにより施術箇所は変わっていきます。
必要により手足の指一本一本から、頭まで施術致します。

ゆる丸の健康観

ゆる丸では、自律神経 特に 副交感神経 を大切にしています。

呼吸、睡眠、食欲、血圧、体温、排せつ等まで、副交感神経がコントロールしており
無意識レベルで、体が自然に調整し「健康」を作り上げています。

まさに「生かされている」という状態であり、
この「健康」を大切にしていくというのが整体ゆる丸の健康観です。

意識的には氣付きにくいこの副交感神経の働きが弱まってしまうと、
「健康」が崩れた状態となります。

逆に、副交感神経が機能していれば、疲れにくく
精神的にも安定し、毎日を楽しく感じることができます。

「生かされている」状態に感謝し、
自分のこころとからだを大切にして生きていくことが、ゆる丸の健康観になります。

日々の心身のセルフメンテナンスを行うことで、
「健康」をマネジメントし、自分自身のパターン(思考と力みの癖)を認識することで、
セルフマネジメントができるようになり再発予防ができるようになっていきます。

整体 ゆる丸では
「生かされている状態を、自らよりよく活かしていきたい」という方を応援します。

  整体ゆる丸のご紹介

    糸島へ移住!

    糸島へ移住!

空気が最高!!!

   【 完全予約制 】

   【 完全予約制 】

平日の日中のご予約が難しい状況です。夜間帯も出張していますよ~。

博多駅から徒歩5分(伊予銀行横・1階はアイネットさん!)

運営者

整体ゆる丸

園田昌樹

 

皆様の身体と心の【健康という資産】を支え、将来に向けて、さらなる価値【QOL=生活の質】を高めます。

 

住所:糸島市志摩芥屋3211-21 ビラ3
福岡市博多区博多駅前2丁目
5-8 ベルコモンズ

 

電話: 0120-938-676

 

【施術中は電話をとれないため、 080-4279-2909 より、折り返しお電話させて頂きます】

 

FAX:  092-328-1566

 

予約受付:午前9時~午後6時

気功ヨガ&メンタルデトックス

気功ヨガ&メンタルデトックス

人生100年時代に、おすすめ!副業で、出張・在宅セラピスト!

人生100年時代に、おすすめ!副業で、出張・在宅セラピスト!

当院では、施術なしで、健康美容事業にかかわりたい方でも、安心して、副業に取り組んで頂いております。

もちろん、施術を身につけたい方もどうぞ!

アマゾン3位!8296DL突破!開運メンタル・デトックス!

アマゾン3位!8296DL突破!開運メンタル・デトックス!

フォークですか?フォークです!誰でも簡単気功講座開催中!

フォークですか?フォークです!誰でも簡単気功講座開催中!

体の芯から、リラックスすると現象が変わりますよ~!!
外の現象を変えるには、先に「自分が楽になること」がコツです!!

雑誌からの依頼多数!

雑誌からの依頼多数!

実は、人は「力み」によって、身体の不調を作っている!
知られていない、あなたの体のメカニズムをお伝えしています!

企業様向け 福利厚生サービス

企業様向け 福利厚生サービス

自律神経・慢性疲労専門の
整体師が御社へお伺いします

~費用対効果のある福利厚生~

ゆるまるブログ

現時点で究極の話

JAXA はやぶさ2プロジェクトに どのような目的があるか知っていますか? 「はやぶさ2」が向かうリュウグウは、有機物(炭素を含む化合物)や水を多く含む天体と考えられています。 炭素と水は、我々人類を含む地球上の生物の最 …

2019年10月22日(火) クローズアップ現代より たくさんの薬は害になる!? ~“多剤服用”の深刻なリスク~ たくさんの薬は害になる!? ~“多剤服用”の深刻なリスク~

たくさんの薬を飲む“多剤服用”。最新の研究で、高齢者が6種類以上の薬を服用すると副作用の危険性が高まることがわかってきた。中には、多種類の薬の副作用で寝たきりになったり、認知機能の低下から認知症と診断されてしまうケースま …

『FRIDAY』2019年12月13日号より

’84年の販売開始以来、30年を超えるロングセラーとなっている『ザンタック』は、胃酸の分泌を抑えることで胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎などを改善する胃薬だ。’86年から’95年にかけて世界一の売り上げを記録し、特許が切れてか …

朝日新聞デジタルより

のみ続けると転倒や骨折、認知機能の低下を招きやすいとして、高齢者はできるだけ使用を控えるべきだとされている睡眠薬や抗不安薬が65歳以上に多く処方され、ピークは80代だった。厚生労働省のデータをもとに朝日新聞が解析し、高齢 …

デトックスし、人生を再プログラミング

  今のあなたは、過去で作られています。 過去の食べ物、人生観、一般常識・・・。   過去のプログラミングで、上手くいかないのなら、 新しく再プログラミングをする必要があります。   あなた …

PAGETOP