プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

園田 昌樹 プロフィール

こんにちは、園田昌樹です。
自己紹介をさせて頂きます。

園田 昌樹

 

プロフィール
皮膚疾患で、薬物治療を受けるも治らず、
自分で治療法を模索する。湿疹が改善し、自然療法へ興味をもつ。
症状が改善する事で、積極的に外出できるようになり、海外でホームステイを経験。
異文化を体感する事で、感性の重要性に気づき感性論を学ぶ。

大学卒業後、精神科医療を知り、
精神科医療の現場で感性を中心とした支援・療法が活かせるのではとの思いから、
「精神保健福祉士」になる事を決意。

資格取得後、精神科病院やリハビリ病院、福祉施設に勤務。
患者さんや家族の感性を中心にした支援やアプローチを実践。
一方で、身体面からアプローチできる施術業を目指して、
身体性・精神性への追及・模索を始める。

身体性や精神性のヒントを求めて、以前より興味のあった古武道に関わる。
古武道(大東流合氣柔術・居合)を修練することで、身体・意識の精妙さ・繊細さを学ぶ。

並行して、整体や各種療法を学び、
意識と自律神経が、精神面・身体面に大きな影響を与えていることに気づく。
ストレスによって緊張した身体がゆるまることで、
痛みが開放され、本来の自然な状態になるプロセスを研究。

また、精神面においても
思考の囚われから自由になり素の自分を取り戻す、意識マネジメントに着手。
自動的に起こる強迫的な思考も、意識をマネジメントすることで、
安心感・安堵感を意識の中心に置くことができ、思考・感情の反射が緩和される。
心が柔軟性を取り戻し、落ち着き・やすらぎを取り戻せることを精神科の臨床で実証する。

身体の緊張や力みが解消され、安心やつながりを感じる状態になると、
自己治癒力が高まり、人の本来の自然な状態(生命力が溢れる状態)となることを体感。
相手の感性・価値観を育む支援を理念とし、「自律神経・慢性疲労専門」の整体を行う。

  整体ゆる丸のご紹介

    糸島へ移住!

    糸島へ移住!

空気が最高!!!

   【 完全予約制 】

   【 完全予約制 】

平日の日中のご予約が難しい状況です。夜間帯も出張していますよ~。

博多駅から徒歩5分(伊予銀行横・1階はアイネットさん!)

運営者

整体ゆる丸

園田昌樹

 

皆様の身体と心の【健康という資産】を支え、将来に向けて、さらなる価値【QOL=生活の質】を高めます。

 

住所:糸島市志摩芥屋3211-21 ビラ3
福岡市博多区博多駅前2丁目
5-8 ベルコモンズ

 

電話: 0120-938-676

 

【施術中は電話をとれないため、 080-4279-2909 より、折り返しお電話させて頂きます】

 

FAX:  092-328-1566

 

予約受付:午前9時~午後6時

自宅できる効果の高い自己メンテナンス ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自宅できる効果の高い自己メンテナンス ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アマゾン3位!8296DL突破!開運メンタル・デトックス!

アマゾン3位!8296DL突破!開運メンタル・デトックス!

フォークですか?フォークです!無料講座

フォークですか?フォークです!無料講座

体の芯から、リラックスすると現象が変わりますよ~!!
外の現象を変えるには、先に「自分が楽になること」がコツです!!

開運スプーン曲げ講座もやってま~す

開運スプーン曲げ講座もやってま~す

実は、人は「力み」によって、身体の不調を作っている!

企業様向け 福利厚生サービス

企業様向け 福利厚生サービス

自律神経・慢性疲労専門の
整体師が御社へお伺いします

~費用対効果のある福利厚生~

ゆるまるブログ

入れることより、出すことが何十倍も難しい

  カラダに良いものでも、入れすぎると毒となります。 ある大手の化粧品会社が、皮膚にいいとの触れ込みで ある化粧品を出したのですが、 そのうち皮膚が黒くなってしまいました。 ある栄養素が特定の部分に効いても、他 …

病気は治さない、不要なら手放す。

  病気と争わない。 病気が不要なら、捨てればいい。 ドンドン捨てて、軽くなればいい。

得るは、捨つるにあり(先人の教え)

  現実を変化させるには、 得ようとする前に、不要なものを捨てること。 得ようとする執着が、得ることが出来ない原因です。 不要なものへの執着があることを知ること。 執着を手放すことで、真に必要なものが得られます …

8296ダウンロード頂きました。

  メンタルデトックスの「俯瞰力を開発しよう」が、8296ダウンロードとなりました。 みなさまありがとうございます。

痛みを取るのは簡単・・・

  痛みを取るのは簡単・・・ そんな表面的なことではなくで もっと大切なことを理解する必要がある

PAGETOP